MENU

【SS】『俺』という二次元の概念を超越した生物と戦う『ワイ』

1 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:37:46.640 ID:lJdPXflm0.net
アナ「――現在『俺』に動きはないそうです。しかし、いつまた活動を再開するか予測できない状況ですので、国民の皆さんは身の安全を確保し……ん どうしました?」
アナ「えー… えっと… !! えー今、新たな情報が入りました、現在『俺』の動きが、えー確認されたようです」
スタッフ「ちょっ ここも危ない!! 危険!!」
アナ「えー防衛省によりますと……はい? …ここも危ない?? え、えっと? どうすれば?」
スタッフ「やばいやばいやばい!! 逃げて! 逃げろ!!」
アナ「え  b         」ドドーーン ガラガラ
TV「」ザザーーーーーーー………

13 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:49:17.330 ID:lJdPXflm0.net

〜『俺』対策本部会議室〜

司令「次また奴が動き出した時どうする」

策士「我々の態勢が整い次第直ぐに攻撃を開始しましょう…『次』はもうありません。作戦を練りましょう。そして早急に決着をつけましょう。」

司令2「…やはり総攻撃が一番か」

パイロット「…いや……それでは少しの足止めになるだけです…根本的解決には繋がりません…今回の戦闘が物語ってます……」

魔術師「次起きたとき、どうせまた強くなってんだよね。 無駄タヒには嫌だよ。」

歩兵「第二レーザー部隊がっ…空中で壊滅してっ! …血の雨がぁあ! 降ってきてうぁっ!! 嗚呼…もう見だぐないでず!!」ガタガタ

司令2「(まずいな…話し合いが進まない…)はぁ…」

ワイ「あのぉ〜… ちょっと良いですか?」テアゲ

一同「?」

50 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:31:32.877 ID:lJdPXflm0.net

読んでくれた人ありがとう!
所々日本語ガバってたりしててすまない!
俺はちょっと風呂入ってきます

30 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:08:00.971 ID:lJdPXflm0.net

ギイヤァアァアアアアアァアアアアアアアアアアアアアア!!!!! イダイァィイイイイイァアアアアア!!!!!!

ドボボボボ……

司令2「無人潜水艦爆弾! 全弾目標に命中!」

……ザッバァアアアアアァアアアアアン!!!!! ヒュルルルルルル…

司令2「目標! 予定通り上空へ逃亡を図ります!!」

司令「これで決着をつける!! 一斉攻撃開始!!!!」

無線「第一レーザー部隊! 第三第四魔法戦車! 第三ドローン群! 魔法戦艦! 一斉攻撃最終形態!!」

ワイ「……ふぅうぅぅぅ……」ブバババババババ

無線「開始ぃ!!!」

14 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:50:32.650 ID:lJdPXflm0.net

ワイ「今回の戦いで 僕思ったんです。」

司令「なんだね」

ワイ「どんなに強い相手でも 皆でかかれば怖くないって」

魔術師「ここにきて綺麗ごとかよ 現実を見てほしいね」

ワイ「でも、そうだったじゃないか 僕は僕の後ろに第二部隊が控えていないと考えたら気が狂いそうになる。けど 実際は後ろにはちゃんと仲間たちがいるし、下には魔法戦車もある。それだけで僕の心は安泰だった。」

歩兵「貴様何を言いたいんだいっ!!」

ワイ「けれど 『俺』には、そんな仲間はいないだろう。」

ワイ「話が変わるが僕はあいつを倒す方法は作戦を練りに練った総攻撃しかないと思ってる。」

パイロット「…やめとけって……」

司令2「本当に話が行ったり来たりで全くわからんよ」

ワイ「今回の戦闘中…第二レーザー軍の一斉放射で『俺』はどんな行動をとりましたっけ?」

6 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:42:12.662 ID:6FioQvOF0.net

なんjで立てるつもりだったの?

36 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:15:03.874 ID:lJdPXflm0.net

予備ドローン群「「「」」」ヒビュンビュンビュンビュンビィイイイイイイイイン

ブゥゥウウウウウ ドォオオオオオオオオオン!!!!! ピドォオオオオオン!!!!

俺「ぎゃぁああああああ!!!」ブシュゥウウウゥウゥウ……

司令「レーザー部隊も続けぇえ!!!」

ワイ「こらぁああああああああ!!!!」ビビビビビブブブ

俺「ひぎゃぁああああ!!! やめでぐれぇっ!! いだいぁあああ!!!!」ブシュ……ブブシュ…… ヒュゥウウーーーーーーン

ボスッ

司令2「!! 目標! 地面に落ちました!!」

司令「第一歩兵を向かわせよ!!! 電子線銃攻撃開始!!」

第一歩兵「征くぞぉおおっ!!!」ダダダッダダダッ

47 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:26:47.481 ID:lJdPXflm0.net

司令「っ!! やったか?!」

司令2「目標…確認できず………………はぁっ…!!! やりましたっやりました!!!」ポロポロポロ

無線「目標!! 確認できず!! 目標確認できず!!! 巨大な穴に無事吸い込まれ消えた模様!!」

司令「っ!!! よくやったぞお前らっ……!!」ポロポロ

ワイ「っっっ!!! やったっ……っっ!!!」グッッ

策士(……はぁ…………よかった……)グスッ

雲と雲の間から 白い光が漏れ出る 曇り空が晴れてゆく 勝利の夕焼け

37 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:16:06.151 ID:lJdPXflm0.net

俺「お……俺はまだっ…!! 帰りだぐないっ…!!」ズルズル

第一歩兵等「「「いっけぇえええええ!!!うぉおおおおおおおおおお」」」ビドドドドドドドド ババラララララララララビビビビビビ

俺「!? がはぁあああああ!!!」ブシュゥ……ブシュッ……

司令2「…!! 黒光の量が減ってきてる!!」

司令「!! 第二歩兵攻撃開始!!」

第二歩兵等「「「うぉぉおおおおおおおお!!!タヒねぇええええええ!!!」」」バビビビビビビビビ ギロロロロロロロロロロロ

俺「ぁあっ……ぁああもう駄目ぇぁあああああああああああああああああ!!!!!」ピシュゥウウウ

   ブォオオンブォオオオンブォオオオンブォオオオオオオオオン

22 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:58:49.179 ID:lJdPXflm0.net

ギリュリリリリリリリリルルルルルルルル…… バゴォオオオオオオオオオオーーーン!!!

『俺』の真っ白なビーム攻撃は 第一レーザーの位置替えによってかすりもしなかった。

俺「ぢぐしょぉおおおおおおおおおおなんなんだよ!!!!」ドンドン!!

司令「第二レーザー一斉放射開始!!! 第一レーザーは遠距離乱射開始!!」

無線「第二レーザー放射開始ぃ!!!」

第二レーザー「「「「おらぁああああ!!!」」」」ビビビビビブブブブ

俺「っ!!!!ぁあああああああああああああああ!!!!!」ググググ

ワイ「!! 来るぞっ!!」

51 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:33:20.873 ID:9t+pHDHU0.net

そういやここvipやったな

21 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:57:37.287 ID:lJdPXflm0.net

司令2「『俺』が目覚めました!!!」

司令「続けて撃て! 第一レーザー放射開始!!」

無線「目標が目覚めた! 繰り返す! 目標が目覚めた! 第一レーザーは配置B-02に移動! 続けて放射せよ!」

ワイ「ごるぁあっ!!!」ビドゥン ビドゥン

パイロット「うぉおおおっ!!」ポチッ ポチッ ポチッ

『俺』の周りを飛行レーザー部隊が円になって囲む

俺「ぎゃあぁあああああああああ!!! このぉおおおお!!!!」ビビュゥウウウウウゥウウウウウ

無線「! 第一レーザー下がれ! 続けて第二レーザー配置B-02に移動!!」

3 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:39:48.296 ID:lJdPXflm0.net

司令(こうなる事も予想はしてたが…まさかこんなに早く復活するとは…)

司令「王に連絡は?」

ワイ「既に…」

司令「王は無制限射撃を…許可したのか?」

ワイ「…しておられます……」

司令「直ぐに出発だ。もたもたしてるとまた街が一つ減る」

『ワイ』は第一飛行レーザー部隊所属である。

〜防衛軍駐屯地〜

ブロロロロロロロ  バババババババババ

司令「『H作戦』でいくぞ。前回と同じだ 一時的な『俺』の活動停止を目標とする!」

ワイ等「「「ハイ!」」」

司令「奴は強暴だ。下手に刺激すると返り討ちにあう。慎重に、そして正確に頭もしくは心臓を狙え。そして射撃せよ。」

ワイ等「「「ハイ!」」」

43 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:22:48.779 ID:lJdPXflm0.net

無線「全軍引け!! 長距離ミサイルが目標に照準を合わせる!! 爆風に注意しろっ!!」

ワイ「……!! とどめだっ…!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

俺「ぁああ……!! いやだ…助けてっ!!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

俺「俺はぁっ!!! もうあの地獄の生活にっ…!! 戻りたくないっ!!」

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

俺「もどりだぐないよぉおおおおおお!!!!」ポロポロポロ

32 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:09:58.156 ID:lJdPXflm0.net

俺「ぁあ…ぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ」ガダガダガダガダガダガダ

司令2「?! 『俺』の様子がおかしいです!!」

司令「!? また何かくるか!?」

『俺』から常時発生していた淡い白光が どす黒い光に変わり

俺「うぁ……ぁあ………あぁあああぁああああぁああ!!!!」

ブシュシュシュウウウウウウウウウウウゥウウウ ギロギロギロギロギロギロ

その黒は 『俺』から放射状に広がり 青空を濁した。

俺「あぁああああああああ!!!!!! やめでぐれぇええええぁあああああああっはぁああああああああああ!!!!!!」ジュジュジュジュジュ

10 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:46:04.458 ID:lJdPXflm0.net

ワイ「来るっ!!」

俺「あああああああああああ!!!!」ビビビビ

俺「あぁああ…あ……あう うぅううぅぅぅ…」ビビ…

ワイ「…ん?」

俺「ぁ……ぁ…………」ビ…ビブブブブブブ………

司令「攻撃しない…… 衰退している……?」

俺「」zzzz……zzzz……

司令2「今ですよ司令! 勢いのない今打ち込みましょう!!」

17 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:53:35.983 ID:lJdPXflm0.net

司令2「と、言うと?」

ワイ「これは完全に僕の憶測ですが、『俺』はおそらく瞬間移動に物凄い量のエネルギーを消費しているのだとおもうのです。」

歩兵「ふむ」

ワイ「急激なエネルギー消費によって『俺』の体内温度は凄い勢いで高くなったと思うのです。よって、本能的な衝動に駆られて海に潜りこみ、体温を下げていたのではないかと考えています。」

パイロット「なるほど…つまり瞬間移動は連発出来ないと…」

ワイ「僕はそう考えます」

魔術師「あぁ、その疲れのせいもあって 今仮眠とってるのかもしれないね」

その後もワイ等は『俺』への攻撃手段等を話し合い、論破しあったりした。

25 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:02:41.509 ID:lJdPXflm0.net

俺「ぎぐふぁあああああああ!!!!」ビリリリリリリリリリ

司令「!! 下がれ!!」

ビボブバァアアアアアアアアアアン!!!!!!! ドワァン

ワイ「まだ『俺』に余力がある!!」

無線「第二魔法戦車第一魔法戦車に倣え!! 攻撃開始ぃ!!」

司令「奴に隙をあたえるなぁあああ!!!」

魔術師等「「「「ごるぁああああああ!!!」」」」パロロロロロロロロロロロ

ドゥゥウウウウウウウウウウウウウウウウウン!!!!!!!

俺「や、やめ…ぎぁああ!!………………」

ワイ「…ん? どうした? 動かないぞ?」

俺「………………」

バワォオン ドォオオオオオオオオオオン!!!!

16 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:52:39.058 ID:lJdPXflm0.net

一同「…… !!」

ワイ「僕は『俺』の弱点は 『一斉攻撃』であると思料します。以上の事も踏まえて」

司令「つまり君が総攻撃を我々に奨励した理由は…」

歩兵「そういう事かよ」

パイロット「待て。仮に弱点が一斉攻撃だったとして、我々が総攻撃を仕掛けても、今回のように瞬間移動ですぐどこかへ逃げてしまって 戦いにならないんじゃないか?」

ワイ「ではまた話が変わりますが 瞬間移動の宛先は、何故海なのでしょうか?」

魔術師「? 君の言った話の通りなら、一斉攻撃をおぞましく感じて一時避難の為に入ったのでは?」

ワイ「そう、それと もう一つある。」

2 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:38:40.062 ID:lJdPXflm0.net

ここは 我々人間が住む世界より z軸の概念が無くなった世界…  所謂二次元世界、漫画やアニメの世界である… 
そして今ここは 世界規模の大きな問題を抱えている…

司令「『俺』が動きを見せたって…?」

ワイ「…はい… 恐れていた事態が…現実に……」ガタガタ

※(『ワイ』と『俺』は全くの別者とする)

司令「直ぐに避難所を開設しろ。国民の安全が第一だ」

…そう… それは2ヶ月程前の事 自らを『俺』と名乗る一人の男
が突如として現れた… 一般的な成人男性のような容姿で大きさも普通… 『俺』は強大な力を横暴し このアニメ世界にある都市という都市を たちまち壊滅させた…

つい先日 二次元人は強力な魔法や化学力を駆使し なんとか 
一時的ではあるが『俺』の暴走を止められたのであった。

しかし今日未明。 『俺』は再び動きだした。

5 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:41:46.552 ID:lJdPXflm0.net

ワイ「っく…!!! なんだ…! この衝撃波は!!」

俺「ごのやろぉぉおおおおおおお!!!!!!」ッビピュン ピュワッ

無線「下がれぇえ!!!」

ワイ「うぉおおおおおおお!!!!」ブババババババババババ

ピルルルルルルルルルルルルル………… ドゥゴオオオオオオオオオオオン!!!!!

ワイ「危ないっ…! 直で受けたらタヒぬぞマジで!!」

無線「目標に変化なし! 第二飛行レーザー部隊! 第一陸上攻撃魔法戦車! 第一軍に続け! 魔法戦車攻撃準備!」

無線「第二レーザー部隊一斉放射用意!   開始!!」

12 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:48:13.402 ID:lJdPXflm0.net

ほぼ全壊した都市の中心に 白く光る男が独り佇む
  異様な光景……

ワイ「……これからどうなるんだろう…」ブババババ…

俺「」zzzz……zzzz…………

『俺』は活動を一時停止した。
『H作戦』終了後 各種生物学者の研究と スパコンによる今回の『俺』との戦闘データ分析により『俺』の新たな情報が導き出された。下に箇条を記す

・一回目の活動停止でおそらく我々人間からの攻撃パターンを解析し、魔法攻撃にも順応し態勢を整えた。

・現在、二回目の活動停止は疲労回復の為の仮眠であると考えられる。

以上。

また、未だ不明な点は、動力源である。二次元人がまだ見ぬ未知のエネルギーで活動している可能性がある。

49 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:29:27.716 ID:lJdPXflm0.net

ワイ「………考えすぎかな。」

『ワイ』は今日も これからも この二次元世界を守って征く

橙色の雲の下  神は二次元を彩る

今日も彼らの物語は  別世界のなにかをも  彩る

                             完

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:05:34.484 ID:lJdPXflm0.net

俺「はぁ……はぁ……ぁぁ…ぁあああああああぁああ!!!!!」

ヒルルルルルルルルルル ヒルルルルルルルルルルルル

ワイ「!!」

司令2「あれは!! 来る! 瞬間移動だ!!」

司令「何!!?」

俺「はああああ!!!!」ピシュゥウウウ

ドドゥゥウウウウウウウウウウウウン!!!!

パイロット「?! なんだ?! この衝撃波は!! う!?」グサッ

ワイ「! っぐふぅ!!」ビチャッ

無線「目標! 謎の衝撃波とともに瞬間移動!!」

28 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:05:34.484 ID:lJdPXflm0.net

俺「はぁ……はぁ……ぁぁ…ぁあああああああぁああ!!!!!」

ヒルルルルルルルルルル ヒルルルルルルルルルルルル

ワイ「!!」

司令2「あれは!! 来る! 瞬間移動だ!!」

司令「何!!?」

俺「はああああ!!!!」ピシュゥウウウ

ドドゥゥウウウウウウウウウウウウン!!!!

パイロット「?! なんだ?! この衝撃波は!! う!?」グサッ

ワイ「! っぐふぅ!!」ビチャッ

無線「目標! 謎の衝撃波とともに瞬間移動!!」

44 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:23:35.817 ID:lJdPXflm0.net

ドゴォオオオォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!!!

『俺』の鼬の最後っ屁と ミサイルの爆発が 混ざる

俺「ぎいぃゃぁあああああああぁああああああぁぁぁあああああああああああああぁあああああぁぁああああぁぁあああああぁぁぁああああああぁあぁあああああぁあぁあああああぁぁぁああぁぁああああああぁああ!!!!!!!!!」

ワイ「うっ!! 爆風と衝撃波がっ!! 凄いっ!!!」

『俺』の断末魔の叫びが 二次元世界と三次元世界の 両世界に響く…

31 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:08:48.974 ID:lJdPXflm0.net

第一レーザー等「「「「「「おらぁああああああああああ!!!!!はぁあああああああ!!!!」」」」」」

第三第四魔法戦車等「「「「「「「「うぉおらぁあああああああ!!!!!!」」」」」」」」

第三ドローン群「「「「」」」」ビビュゥウウウウウウウウウウウン!!!!!!!ビュンビュンビュン

魔術師等「「「「きぃぇぇええええええぁあああ!!!!!!」」」」

ギュギビィイイイイイイイイイイン ビィイイイイイイイイイイイン ピドゥゥウウウウウウウウウウウン!!!!

俺「!!? ひぎゃぁああああああああ!!! やべろぉおおおお!!!!!」

バドゥン バドゥン ウォンウォンウォンウォン ビビビビビビビ ドオオオオオオオオン!!!!!!

俺「やめでぐれぇぇええええぁああああああああぁあ!!!!!」

15 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:51:27.740 ID:lJdPXflm0.net

司令「…! 瞬間移動…だ」

ワイ「そう、そこに奴の弱点の鍵があるのです。」

魔術師「ふん、どういう事だね」

ワイ「一斉放射、て所にヒントもあります。」

ワイ「冷静に考えて物体を透過する攻撃であるレーザービームを一斉に放射されたら どうします?」

パイロット「……逃げるだろう…」

ワイ「ですよね? 逃げるより他ないですよね? 奴の思考は単純なんです。」

歩兵「それじゃ『俺』はただ取り得べき行動を取っただけじゃないか!」

ワイ「しかしまあ、レーザーなんて四方八方に飛ぶようなものでもないですし、即タヒするわけでもないし、たかが一斉放射ってだけで何故 瞬間移動なんて言う大技を使ったんだろう、と僕は考えたわけです。」

魔術師「…… !」

ワイ「それに瞬間移動の宛先は海の中ですよ? しかも出てきたら『なんでこんな事するんだ』みたいなこと叫んでましたし。どんだけ臆病なんですかww」

19 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:55:51.020 ID:lJdPXflm0.net

今日  『俺』の体温の上昇を観測した。

俺「」シュウゥゥゥーーーーーーーーーーーー

司令「……そろそろ潮時だな…」

司令2「この日の為に用意してきた『俺』の絶命計画…」

ワイ「…今日まで『俺』、待っててくれましたね…」

司令「さぁ…始めよう……『BTL団結作戦』を!!」

アナ「――えー防衛省は今日 新たな『俺』の駆除作戦である『BTL団結作戦』を執行するようです。えー防衛省によりますと『俺』を中心として半径30以内を危険区域とする、だそうです。国民の皆様は絶対に立ち寄らないで下さい。『俺』の攻撃が万一飛んできた場合…」

そして 現場

26 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:03:37.382 ID:lJdPXflm0.net

一瞬 何が起こったか分からなかった。

ワイ「……!!? 何が起こったっ?!  !!!!」

第二第三レーザー部隊、第一第二魔法戦車の姿は そこにはなかった。

俺「ふぅうぅううううううう………」ジジジジジジジジ

司令2「?! どういう事?! …『俺』が…浮いている…?」

司令「どうやら『俺』も本気を出してきたようだ…… 『BTL団結作戦』第二段階!!!」

無線「第四レーザー部隊! 配置B-03! 第一爆弾ドローン群! 攻撃開始!!」

第四レーザー「「「「うぉおおおおおおお!!!!!!」」」」ブブブブ

第一ドローン「「「「」」」」ビュゥウウウウウウウウウウウウン

ドォオオオオオオオオオオン!!!!!! ドォォォオオオオオオオオオン!!!!

俺「やめろよぉおおおおぎゃぁああああああああああああ!!!!」ビルドドドドドドドド

『俺』は空を飛び 夥しい数の攻撃をかわしながら 自らもまた攻撃していた

33 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:11:01.653 ID:lJdPXflm0.net

パイロット「うわっ! なんだこれ…!! ヴォぇエ!! 臭!!」

司令2「何!? 何が起こっているの?!」

司令「っく!! 構わん!! 攻撃を続けろ!! 止めるな!!」

パイロット「っ!! この野郎!!」ビビビブブブブブブブ

俺「ぁあああああ!!!! 来るなぁあああぁ!!」ブシュゥウウウウウウウ

ワイ「!!!  危ない!! 下がれ!!」

パイロット「…え?」

『俺』の黒光りに当たった者は

パイロット「ァ……アァア……」ジュジュジュジュジュジュジュ

35 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:13:23.878 ID:lJdPXflm0.net

司令2「全力を出し切れぇええええ!!!」

全レーザー部隊「「「「「「うぉぉおおおおおおおおおお!!!!」」」」」」

ビビビビビビブブブブブブブブブフ ピチューーーーーーーーーン!!!!

俺「!!? ぎゃぁああ!!! やめで! やべでぐだざいぃぃ!!!!」ブシュシュシュゥウウウウゥウウウウウ

ワイ「! 黒光り!! あっぶねぇ!!」ブバババババババ

司令2「もう予備のドローンも向かわてしまいましょう!!」

司令「! …わかった予備ドローン群を向かわせろ!!」

無線「予備ドローン群攻撃準備!! 目標に照準を合わせよ!! 攻撃開始!!!」

4 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:41:03.607 ID:lJdPXflm0.net

生物学の常識として 脳または心臓を破壊すれば人間を絶命させられる という事が挙げられる。『俺』が一人の人間であると仮定してその絶命条件を『俺』に当てはめる事。それが『H作戦』である。

しかしながら前回 『H作戦』による『俺』の完全な絶命は遂げられなかった。が、『俺』の活動を一時停止させられることは分かった。

ワイ(いよいよ…始まる…)

無線「第一飛行レーザー部隊! 配置A-3! 目標『俺』! 放射用意!」

ここは二次元、アニメや漫画の世界… 何をしようにも自由 攻撃手段も現世と異なり滅茶苦茶である…

俺「……」ヒューーーーーーー… ヒューーーーーーー…

無線「開始!!」

ワイ(えいっ!!)ポチ

ビビビビビビビビビビビュン ブブブブブ……
ドゴーーーーーーーーン!!!

俺「!! ぎぎゃぁあぁああっ!!!」ドゥワン! ドドゥワン!

ドンッ!!!!

39 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:18:36.223 ID:lJdPXflm0.net

司令「っ!! 畜生!! もはやこれまでかっ!!」

策士「いえ、これまで、じゃないです。」

司令「!?」

策士「作戦を一部変更しましょう。『俺』の頭部、心臓を破壊し絶命させる、というこの作戦の趣旨を変えて 『俺』をあの大きな穴に落とす事を最終目標としましょう。」

司令「待て! 仮に穴に落とせたとして 二度と『俺』がこの世に現れないという確証は得られない!!」

策士「しかしもう時間がありません…絶命させるにはもう一度作戦を練り直し、また戦力の確保もしなければなりません…」

司令「……しかし…」

策士「一時的な足止めとしてどうか…    それに   」

11 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:47:24.240 ID:lJdPXflm0.net

司令「……」

司令2「し れ い!!! ほら!!」

司令「……いや。やめたほうがいい。」

司令2「何故です!? 今隙を見せたこの時殺らずにどうしろと?!」

司令「仮に今打ったとして… 奴がまた活発になったらどうする」

司令2「……」

司令「今 奴は活動を停止し、衰退しているが……我等の軍もまた衰退している……数も少ない よって活動再開時の対処ができない。それに当初の目的は奴の活動停止だ。一応は成功している。下手に刺激しない方が安全だ……」

無線「全軍撤収! 全軍撤収! これにて『H作戦』を終了す!」

ワイ「…打たないの?」

無線「撤収っ!!」

ワイ「……」ブバババババババババ…

46 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:25:43.930 ID:lJdPXflm0.net

俺「ぁあ!! 俺はアニメの世界へ来たというのに!!! この世界でも悪者扱いかよぉおおおああ!!! 俺はまっとうな人生を歩んで来たはずなのにぃいいいぁああ!!!!!」

俺「俺は頼る相手がいないのか?? 俺には取り柄が無いのか??!」

俺「ぁああ……!! そうか… 俺は… 友達が欲しい…… 頼れる仲間が……   仲間が欲しかったんだ……        」

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
―――――――――――――――――――――――――――――
――――――――――――――――

俺「ぁあ……ああァアアァ…ァアアア」ヒュゥウウウゥウウウウウウウウウウウウウウウ

俺「」

『俺』は巨大な『穴』に吸い込まれ 『穴』は閉じた

34 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:12:07.299 ID:lJdPXflm0.net

空に蕩けて 消えてゆく

ワイ「溶けてるっ??!」

俺「嫌だぁあ!! いやだああ!!! 帰りたぐなぃぃいい!!!がえりだぐないよぉおおおおおおおおおあああ!!!!」

ブシュシュゥウウウウウウウウウウウ ビルルルルルルルルルルル ドブフゥウウウウウウウン!!!!

司令2「……何を言ってるんだ??」

無線「魔法戦車全軍引けえぇえええ!!! 魔法戦艦もさがれぇええ!!! 光に飲み込まれるな!!」

魔法戦車・魔法戦艦「」ブッシュゥウウウウウウウゥウ ジュルジュルジュル

司令(くそっ!! 間に合わなかったかっ……!!!)グググ

司令「チッ! 全レーザー部隊は光に注意して目標へ一斉放射を開始せよ!! もう後戻りはできない!!」

9 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:44:56.108 ID:lJdPXflm0.net

ワイ「煙で見えない…!!」

奴の体から常時放たれている淡い白光が 
奥のほうで かすかに 揺らめく。

俺「ほぉおおおおおおおおおおおお……」ゴゴゴゴ

ワイ「嘘……だろ……」

司令「! …そんな馬鹿なっ…! 前回はこれで静まったのにっ…!!」

無線「目標! 変化なし! 第一魔法戦車全軍壊滅!! 第二飛行レーザー軍ほぼ壊滅!!」

ワイ「……力を…増している…?」

俺「んぎぐぁあああああああぁ…!!!!」ビビビビビビビ

司令「!!! 来るぞ!!」

無線「全軍引けぇ!!!」

ワイ「!!」ブババババババババ

俺「ぅううぁあああああいぁああああ!!!」ビビビビビ

24 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:01:10.176 ID:lJdPXflm0.net

魔術師「ふんっ! コラ!!」ワォンワォンワォンワォンワビヂュゥウウウウウウウウウウウウ

ビガガァアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!

俺「!? ぎぃゃあああああぁああああああああ!!!!!あああぁ!!!」

司令「続けて第三レーザー部隊攻撃用意!! 開始!!」

無線「第三レーザー攻撃開始!!」

第三レーザー「「「「タヒねぇえええええ!!!」」」」ドドドドドドド

俺「ひぃいいいいいい!!! ぐぎゃぁああああ!!! やめろぉおおおおおおお!!!!」

司令2「そろそろです! 長距離ミサイル発射!! 15分後に着弾予定!!」

司令「第一レーザー部隊攻撃準備!! 第三レーザーに続いて攻撃せよ!!」

蟻の這い出る隙もない『俺』への攻撃

45 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:24:28.278 ID:lJdPXflm0.net

『俺』は 走馬灯を見た

「おい手かせよ  うっへぇええ!! 俺菌だぁあ!! 俺菌が俺の手に感染した!!」

「近寄るなよ! のろま菌が移るだろ!」

俺「あぁ…」

「俺君遅すぎ!! 他の子はみんな準備早いわよ?? 皆さん偉いです」

「…知ってるか? あいつ未だに50メートル走12秒なんだって」

「ねぇ、なんでそんなにのろまなの?」

俺「あぁあ……!」

「他は定時。 俺君…君は終わってないでしょう…勘違いも甚だしい。」

「俺君…はぁ……間違ってるよここいい加減にしてくれ。」

「俺君さぁ。君もお金貰ってるんだからさぁ…素早く、正しくやってもらわないと困る…ってかさ後輩ちゃんは出来てるよ? ねえ君恥ずかしくないの? なんでそんなにのろまなの?」

俺「…ぁあああああああぁあ!!」

40 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:19:41.692 ID:lJdPXflm0.net

策士「『俺』は穴に入る事を 物凄く嫌がっています……」

司令「……!」

策士「入りたくない理由は不明ですが 『帰りたくない』等と連呼していましたので…仮に『俺』があの穴からこの世界に来たのであれば… 『元居た世界』に戻せるかもしれません……」

司令「…………くっ! 分かった…『俺』を穴に落とそう……!」

策士「…! 司令……!」ウルウル

司令「『BTL団結作戦』最終段階!!」

18 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:54:46.537 ID:lJdPXflm0.net

〜数時間後〜

策士「……では…総攻撃の方向で作戦を立てますか」

司令「ワイの言っている事が当たっていたのなら それできっと決着がつくはずだ…」

パイロット「あの固すぎる頭蓋骨もあばらも……」

魔術師「一斉攻撃の力で砕く……」

歩兵「肉が硬すぎるっつってんだろおい!」

司令2「我々は『俺』みたいに独りじゃない!」

ワイ(仲間の団結を取り戻せた……! …まってろよ…『俺』…)

その後も隅々まで、欠陥の無いように総攻撃作戦を立てた。そして完成した作戦は『Behind the loneliness作戦』と名付けた。略して『BTL団結作戦』となった。

そして

〜数日後〜

48 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:28:29.544 ID:lJdPXflm0.net

〜あれから数日後〜

アナウンサー「えー謎の生物『俺』による都市、経済の損傷は凄まじく これから歴史的な不景気に陥る事が予想されています。被災地の現状は…」

沢山の犠牲が出たが アニメ人間達は『俺』というこの二次元世界の概念を超越した生物に 総力戦でとどめを刺すことに成功した。

ワイ「…………」

『ワイ』は 考えた。
もし『俺』が 別世界の生物だったとするのなら
『俺』からしてみると 自分も別世界の生物だったのではないかと

ワイ「………………」

哀しい生き物だった。何故か、『ワイ』にはそう思えてきた。
『俺』の断末魔の叫びが、何故か、『ワイ』には意味のある言葉であるように感じた。

もしかすると……もしかすると別の世界の 『ワイ』 は 『俺』だったのではないか?  …とさえ考えた。

『俺』って なんだったんだろう?

23 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:00:10.346 ID:lJdPXflm0.net

ビビビュン

司令2「目標! 予定通り瞬間移動を執行! 移動先は…」

パイロット「海です!! 海の底に逃げました!!」

司令「よし! 『BTL団結作戦』第一段階ステップ2だ!!」

無線「魚雷発射!! 第一第三飛行レーザー、第一魔法戦車移動開始!!」

ワイ「上手くいけよ……」

ギャアアァアアアアアアアアァアアアアア!!!!!!!!! ザバァアアアアアアアアアアアン

司令2「魚雷目標に命中!! 目標陸へ上がります!!」

司令「第一魔法戦車包囲部隊攻撃開始ーーっ!!!」

無線「第一魔法戦車攻撃開始ぃ!!」

42 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:21:52.203 ID:lJdPXflm0.net

俺「あぁああああああああ!!! ぁあ……ぁああああ!!!」

燃料ゲージが 赤く点滅する…

ワイ「っく?! もう燃料がない?! 駄目だ攻撃できない! レーザーが出ないっ!!」

司令2「っ!! エネルギー減少!! 攻撃ができません!!」

策士「くっ…!!」

司令「あと一つ…! あと一つ『俺』にとどめを刺せる大きい攻撃があればっ!!!  ……ハッ!!」

空から いつかに発射した 何かの落ちる音が 聞こえる

司令「……忘れていた……!! この戦闘において最強の攻撃手段っ!! 

長距離ミサイル!!!」

7 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:42:53.936 ID:lJdPXflm0.net

ビビュビュビュビュビュ ピチュゥウウウウウウン!!!! ピルルルルルルルルルルル……

ドゴオオオオオオオオオオオオオン!!!!!!

ワイ「当たったか!?」

司令「……ん??」

無線「目標! 確認できず! レーザーは海上に落ちた事を確認!」

ワイ「瞬間移動……?!」

ザッバァアアアアアアアアアアアアアン!!!!

ワイ「!?」

俺「んなんでぇえええ!! ごんなごどぉぁ!! するんだよぉおおおおおおあああああああああああぁあああ!!!!」

ギュビィイイイイイィィィィイイイイイイン……

司令「!!? まずいっ!!」

27 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:04:35.517 ID:lJdPXflm0.net

俺「ハァッ…ハァ…」

しかし流石の『俺』でも 瞬間移動後に魚雷をはじめとする強力な攻撃を受け続けると 疲労がたまる

司令2「…!! 『俺』の動きに若干の疲れが見られます!!」

司令「!! この儘攻撃を続けるぞ!! 勝てる!! 第二ドローン群攻撃準備!! 第三魔法戦車、特殊魔法戦艦攻撃準備!」

無線「開始ぃ!!!」

第二ドローン「「「」」」ビビビビビビビビビビ

第三魔法戦車&魔法戦艦「「「「「「いっけぇええええええええ!!!!」」」」」」ギュィイイイイイイイイイイイイイン ドグォオオオオオオオオン!!!!!!

俺「っぁあああああああああ!!!ぎゃぁああああああ!!!!」ドォオオオオオン

20 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 22:56:49.620 ID:lJdPXflm0.net

〜駆除作戦実行区域〜

司令「第一特殊飛行レーザー部隊! 配置B-01! 目標『俺』! 一斉放射用意!!」

ワイ「……ふぅ…(緊張してきたな…)」ブバババババババ

司令「『BTL団結作戦』開始―――っ!!!」

無線「作戦開始! 作戦開始! 第一レーザー放射用意!」

無線「撃!!」

ワイ「やぁあ!!」ポチ

パイロット「……開戦だ」ポチ

ドドドドドドド ビビピュゥウウウウウウウン ジガガァアアアアアアア!!!

ビヂュゥウウウウウウウン!!!!!!!

俺「ぎぃいいやぁああああああああああああああ!!!!!」

38 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:17:43.032 ID:lJdPXflm0.net

司令「!?」

大きな音とともに 『俺』の立つ地面に 巨大な『穴』が開く

ワイ「え??!」

歩兵等「「「「「うわっ! 何うわぁああぁあ!! あぁアァア…ア……」」」」」

歩兵は その『穴』からも出る黒光りに飲まれ 溶けタヒぬ

ジュルジュルジュルジュルジュル ドロドロドロドロドロドロドロドロ

空間が歪み 『俺』は 巨大な『穴』に 吸い込まれていく

俺「いやだぁ……!! 入りだぐなぁぃいいい!!! 頼む!! もう悪さしないから!! お願い俺を助けてぐれぇえええ!!」

司令「っく!! しぶとい奴め!!! 第三歩兵!! 予備の魔法戦車に乗り込め!! 攻撃準備!! レーザー部隊も攻撃を続行しろ!!」

司令2「司令っ! もう攻撃手段も…人数も少ないです! 戦力が足りません!!」

41 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:20:52.245 ID:lJdPXflm0.net

俺「いやだ…いやだ…!! いやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだいやだ」

ブクッ ブクブクッ ビリュリュリュリュリュリュリュリュ

ワイ「!!? うぇええ!!」

『俺』は z軸の概念を取り戻し 立体的に そして 醜い姿に変わっていった

司令「今できる全ての攻撃を施行しろ!! 一斉攻撃だ!!」

無線「『BTL団結作戦』第三段階! 作戦一部変更! 作戦一部変更!! 一斉攻撃により目標を下の『穴』に落とす!! 第三歩兵予備魔法戦車群!! 全レーザー部隊!! 一斉攻撃!! 開始ぃ!!!」

ワイ等「「「「「「うぉおぉおおおおおおおおおぁあああああああ!!!!!」」」」」」

ビルドドドドドドドドドドド!!!!!!

俺「ひぎゃぁああぁああああああああ!!!!」ドドドドド

29 :以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします:2021/04/23(金) 23:06:55.169 ID:lJdPXflm0.net

司令(なんと……まだ瞬間移動ができる位の体力を残していたとは…!!)

司令2「(目標は海の中…)……指令 例のアレをやりましょう……」

司令「! ……分かった この際仕方がない…! これで全てを終わらせよう!!」

司令「無人潜水艦爆弾攻撃開始!! 第二段階ステップ2!!」

無線「第一レーザー部隊! 第三第四魔法戦車! 配置B-04へ移動開始! 第三ドローン群! 照準を合わせろ! 魔法戦艦は潜水艦の誘導を開始せよ!!」

俺「」ブグブグブグブ

ワイ「……頼むぞ…次で終わらす……!!」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる